スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)

 平城遷都1300年を迎えた奈良県で奈良時代の味覚を楽しみたい。そんな要望に応え、葛城市の酪農家でつくる農事組合法人「ラッテ・たかまつ」で古代の乳製品「蘇(そ)」が生産されている。また、蘇を使ったキャラメルの新商品もラインアップされた。

 蘇は、古代の貴族がデザートや薬用に食したとされ、文武天皇4(700)年には作られていたことが文献資料で確認されている。平城京跡(奈良市)から出土した木簡などから、全国から献上されていたことも知られている。

 そんな古代の高級品を気軽に味わってもらおうと、ラッテ・たかまつ代表の高松久仁子さん(63)が、奈良文化財研究所飛鳥資料館などが文献資料から推定した製法で復元した。「ミルクを煮詰めるシンプルな製法ですが、仕上げに苦労しました」と高松さん。

 蘇はチーズにもたとえられるが熟成の工程がなく、発酵食品特有のクセはない。ミルクを凝縮した自然の甘味が広がり、上品な余韻が残る。

 昨年秋から4センチ角(700円)を販売しているが、一口サイズ4個入りも発売予定。蘇が入った最中アイス(1個300円)や今冬の新商品「大和茶の蘇入り生キャラメル」(7粒入り500円)も。大和盆地を見渡せる牧場近くの「山の喫茶店 夢ラッテ」で販売している。問い合わせは、ラッテ・たかまつ(電話0745・62・3953)。

【関連記事】
最高級チョコを使用 ローソンがチョコロールケーキを発売 
「女子ラーメン部」 素人目線で“付録”が“主役”
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
マック“独り勝ち”いつまで 淘汰始まるバーガー業界
チルドデザート市場、1.2%増見通し 内食回帰で6年連続プラス

小沢氏続投を容認=前原国交相(時事通信)
機動隊員が自殺未遂=上司が暴行、パワハラも-九州管区(時事通信)
「小沢容疑者」と誤表記=22日付大阪版朝刊に-産経新聞(時事通信)
福祉事務所で窃盗被害=事務所窓から侵入か-東京(時事通信)
新聞検閲 占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
スポンサーサイト

首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部に逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者に関し、「起訴されないことを望みたい」と発言したことについて「誤解を与えてしまうのならば撤回したい」と述べた。

 発言の真意については、「起訴されることになれば申し訳ないという意味から、捜査によって無実が証明されればよいという思いで申し上げた」と釈明した。自民党の茂木敏充幹事長代理の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相、捜査介入を否定 「不起訴望む」発言で釈明
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」

インドネシア人看護師候補者受け入れが難航(医療介護CBニュース)
岐阜県白川村 合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
<爆破予告メール>入間市に送った疑い 中3男子生徒逮捕(毎日新聞)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)

ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)

 21日午前5時25分ごろ、大阪市中央区南船場の「ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店」に、男3人が店正面のガラス製のショーウインドーを割って侵入し、バッグや時計、貴金属など35点、約900万円相当を盗んで逃げた。大阪府警南署は窃盗容疑で捜査し、男らの行方を追っている。犯行当時、店内は無人で、けが人はいなかったが、通行人がいる中での大胆な犯行だった。

 南署によると、男らは白っぽい車を側道から歩道に乗り上げて店の前に横付けしたという。いずれも黒っぽい服で、うち1人は白いマスク姿だった。あらかじめ持っていた棒のような物で厚さ2センチのガラスを割り、縦1・5メートル、横0・6メートルの穴を開けて、店内に侵入。警報機が鳴ったが、お構いなしに盗みを続けた。犯行後は、車で東の堺筋方向へ逃げて行ったという。

 男らがガラスを割って店に侵入するところを通行人が発見し、警察に通報したが、警察官が駆けつけるまでの、わずか数分間のうちに男らは逃走したという。侵入した3人のほか、車で待機していた人間がいたかは不明。同店は防犯カメラを1階フロアだけでも十数台備えるなど、厳重な防犯態勢を敷いていたが、それをまるで気にしていない犯行ぶりに南署は「大胆と言うしかない」とあきれている。防犯カメラの映像は警察へ提出された。

 「ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー」本社(東京都港区)の広報担当者は、詳細については「ノーコメント」としている。同店は、この日も午前11時から通常通り営業。ガラスが割られた現場に張られたブルーシートを見て、足を止める通行人もいたが、店内は客でにぎわっていた。

 現場は大阪市の中心部を南北に結ぶメーンストリート「御堂筋」と「長堀通」の交差点で、繁華街・ミナミの一角。百貨店や、カルティエやシャネルなど高級ブランド店が立ち並ぶ。すぐそばに地下鉄「心斎橋」駅の出口があり、始発電車が動き出す時間帯の犯行だった。

 【関連記事】
南船場 ルイ・ヴィトン 大阪府警 を調べる

菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席(産経新聞)
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委(産経新聞)
地検リーク「ある」でNHK元職員クビ(スポーツ報知)
<日本ペンクラブ>書籍デジタル化で意見書 NY連邦地裁に(毎日新聞)
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)

コンクリート塊落下、駅女子トイレ天井突き抜け(読売新聞)

 21日午後2時頃、和歌山市美園町のJR和歌山駅1番ホームの女子トイレの洗面台に、天井から重さ4・4キロのコンクリートの塊(長さ20センチ、幅10センチ、厚さ15センチ)が落ちているのを、利用者が見つけ、駅員に連絡した。

 けが人はなかった。

 JR西日本和歌山支社の発表によると、このトイレの真上にある2階の女子トイレで耐震補強工事が行われており、その振動で2階の床が壊れ、一部が1階の天井を突き抜けて落ちたとみられる。

 ビル管理会社は「お騒がせして申し訳ない。原因を詳しく調べ、再発防止に努めたい」としている。

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
<センター試験>願書受け付け始まる 国公立大2次(毎日新聞)
近ツー元社員、7億円搾取 大阪地検 容疑で逮捕へ 取引先から積立金名目 (産経新聞)
社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」(産経新聞)

蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)

 新党結成に向けて動いている平沼赳夫元経産相が蓮舫参院議員のことを「元々日本人じゃない」と批判した。ネットでは「帰化した人に対して失礼すぎる」といった非難の声があがっているが、平沼事務所は「撤回するような発言はしていない」と強気の姿勢を崩していない。

■「帰化した者に対して失礼すぎる」

 毎日新聞や共同通信の報道によると、平沼氏は2010年1月17日、地元の岡山市内で開いた後援会パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた蓮舫議員について「言いたくないが、元々日本人じゃない。帰化して国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている」などと発言した。

 公式サイトによれば、蓮舫議員は1967年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合しか日本国籍が取得できなかったが、改正国籍法の施行後の85年、高校生のときに日本国籍を取得した。つまり帰化したことは事実だが、出自を問題にしたことに対して、ネットでは批判の声が多数あがった。ミニブログサービス「ツイッター(Twitter)」には、

  「帰化した者に対して失礼すぎる」

  「まだ、このような人権感覚の政治家がいることが、ホント情けない」

  「こういう発言をする資質のひとを国会議員にしておくのはやめにしたい」

といった批判コメントが次々と投稿された。なかには平沼氏を支持する声もあるが、少数派だ。小沢氏の元秘書が逮捕されたときには、沈黙してしまっていると蓮舫議員を批判していた松原聡・東洋大学教授も、

  「平沼『蓮舫、帰化』発言。ヒドイ。平沼氏が経産大臣のころ、TV番組で知り合い、政策通だなと評価していた。経産官僚にも評判がよかったのに。郵政あたりからおかしくなり、ありえない『郵貯がハゲタカファンド買収される』と叫びはじめていた。今回の発言も、同じ根っこなのか…」

と平沼氏の姿勢を強く批判している。

■「撤回するような発言はしていない」

 海外、特に欧米社会では、人種や民族への差別的発言が政治家の命取りになる。人気ブログ「金融日記」の主宰者で、米系投資銀行に勤務する藤沢数希さんは、

  「日本と国際社会の違いのひとつに差別発言への寛容さがある。国際社会のビジネスとか大学とかで人種、国籍、性別などにもとづく差別発言をするとむちゃくちゃシリアスな問題になる。こんなこと言ったらふつう一発アウト」

と痛烈な非難を浴びせた。

 平沼氏は永住外国人への地方参政権付与に反対の立場で、2009年10月には公式サイトで「永住外国人が参政権を得るためには、法律どおり日本に帰化することが妥当だ」と主張している。だが、フリージャーナーリストの岩上安身さんはツイッター上で

  「帰化をした者に、こうした差別を行うなら、『参政権ではなく帰化を』という主張そのものが、説得力を失ってしまう。平沼氏は謝罪して、発言を撤回すべきだ」

と提言した。平沼氏の謝罪や発言撤回はあるのか。議員事務所に取材すると、秘書の一人は、

  「私も聞いていたが、民主党を批判していただけで、何ら問題があるとは思わなかった。撤回するような発言はしていない」

と話していた。一方、蓮舫議員の事務所は

  「直接発言を聞いたわけではないので、コメントする立場にない」

としている。


■関連記事
外国人参政権法案提出へ 与党内に異論、波乱の可能性 : 2010/01/12
森元首相「オンナは視野が狭い」 「失言」にブーイング : 2007/07/12
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明 : 2010/01/15
「仕分け人」蓮舫に「恐いよね」 言われた本人は… : 2009/11/18
「必殺仕分け人」蓮舫議員 「何様」「生意気」で検索される : 2009/11/26

デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説-菅財務相(時事通信)
<建造物等損壊容疑>壁をけって壊す 千葉県の室長を逮捕(毎日新聞)
<陸山会土地購入>胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」(毎日新聞)
自民党大会 ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
<豊浦町長選>新人と現職が届け出 北海道(毎日新聞)

<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)

 国際医療救援団体「AMDA」(本部・岡山市)の菅波茂代表(63)と朴範子医師(38)は20日、ハイチ大地震の被災者支援のため出発した。関西空港からドミニカ共和国の首都・サントドミンゴを経て被災地入りする予定。

 15日に出発した先発チームは首都・ポルトープランスから約60キロ北のサンマルクで、カナダの民間団体や現地NGOと救援活動を始めている。菅波代表は「サンマルクに残っている病院施設での手術と、ドミニカとの国境地帯での巡回診療が中心になると思う」と話した。

 義援金は郵便振替(口座番号01250・2・40709、口座名「特定非営利活動法人アムダ」、通信欄に「ハイチ地震」と記入)で受け付ける。【椋田佳代】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
ハイチ大地震:被災者救援で「外交戦」展開 米国や中国
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ
ハイチ大地震:米原子力空母が到着 救援本格化
ハイチ大地震:仏、支援の国際会議開催へ 米などと共同で

朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
法相、「捜査は公平公正」=小沢氏団体事件で閣僚発言(時事通信)
「小沢さん個人の問題」 民主参院議員ら無言通す(産経新聞)
取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

 東アジアと中南米の34カ国で構成する「アジア中南米協力フォーラム」の第4回会合が16日午前、都内のホテルで開幕した。鳩山由紀夫首相は冒頭のあいさつで、ハイチの地震災害に触れ、「日本で起きる地震は世界の地震の2割を占め、われわれにはさまざまな経験と教訓がある。ハイチ復興のためできる限り協力する」と述べ、参加各国と協調して支援に全力を挙げる考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)
<羽田空港>システム障害、210便に欠航や遅れ(毎日新聞)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠-米Gグローブ賞(時事通信)
<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
<自民党>新綱領原案まとまる 新憲法制定など掲げ(毎日新聞)

臓器移植 範囲は親子・配偶者 親族優先提供開始へ 厚労省指針(産経新聞)

 昨年7月に成立した改正臓器移植法のうち、親族に臓器を優先提供できる制度が17日、一足先に始まる。一部施行を前に厚生労働省は14日、臓器の優先提供が可能な親族の範囲を「親子と配偶者」などと規定した運用指針を公表した。

 国会での改正法案審議で「病気の家族を助けたいという心情に配慮すべきだ」という意見が出たため、親族の優先提供が認められることになった。

 ただ、脳死臓器移植は「移植機会の公平性」を理念として掲げているため、優先提供を「特例措置」と位置づけ、親族の範囲は「親子と配偶者」と狭く限定した。「養子」は臓器売買などの危険性を避けるため、戸籍上、実子と同じように扱われる特別養子縁組だけを認めた。「事実婚」は一刻を争う移植医療の現場で関係性の確認に時間がかかるとして除外した。

 親族優先の意思表示は民法上の遺言が可能な年齢を参考に15歳以上と規定。優先提供の意思は書面で示す。ドナー(提供者)カードや健康保険証、運転免許証に張るシールの余白に「親族優先」と書く。別人がなりすますのを避けるため、厚労省は日本臓器移植ネットワークのホームページなどから意思表示を登録することを推奨している。

 「父親に提供」などと特定の個人を指定しても、一律に親族への優先提供とみなされ、移植が必要な親族が複数いた場合、医学的に優先順位が高い人に提供される。親族だけへの提供意思は無効となる。臓器提供を目的とした自殺を防ぐため、自殺したドナーからの優先提供は認められない。

 「脳死=人の死」とし、子供の臓器提供が可能になるなどの内容を柱にした改正法の他の規定は、7月17日に施行されることになっておる。

センター試験 東武線事故で5会場一部繰り下げ(産経新聞)
救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏(産経新聞)
“大地震起きる”うわさの余波…防災意識、一気に高まる!?(産経新聞)
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。